木漏れ陽の中に
のんびり木陰で読書ができればそれだけで幸せです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
1-1 海の見える家
木々の間から木漏れ日がきらきらと輝いている。清里崇は坂の頂上を見上げていた。
坂道の両側には桜の木々が頂上まで続いている。坂の三割ほど歩いたところで、清里は立ち止まりスラックスの後ろポケットからハンカチを取り出し、うっすらと汗がにじんだ額をぬぐった。その時だった、母親に手を引かれこの坂道を歩いたことを思い出した。
「あの日も暑かったな」清里の唇から吐息のように漏れた。
あれから28年の月日が流れ、すでに母親と同じ年になった。妹の由紀子はやっと独り立ちが出来るぐらいの乳飲み子で、母親の背におんぶされ肩に頭をもたれかけ寝ていた。
清里は振り返り、坂道の途中で遠い過去を思い出そうと桜の並木の入り口付近に視線をやり、そして静かに目を瞑った。

----あとがき----
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
1-2 海の見える家
祖母は静かに母の正面の椅子に腰掛けた。
そして、祖母は融けかけた氷が入ったグラスに白乳色の液体を、ガラスの水差しから注いだ。
銀色のコースタの上にあるグラスが、とてもキラキラ輝いていて俺もそれが飲みたくてたまらなかった。
祖母は新しいグラスにガラスの水差しから注ぎ、俺の前にも差し出した。
俺は母の顔を覗き込み、
「おかあさん、のんでもいいの」と聞いた。
母はうなずき、
「これは、とても美味しいわよ」
俺はグラスを両手でしっかり持って、少しだけグラスを口につけ舌先でちょこっと舐めてみた。
初めてだった、甘くて今まで口にしたことのない味だった。
それが、俺が始めてカルピスを口にしたときである。
それから、一気に口の中へ流し込んだ。

続く・・・

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
1-3 海の見える家
母は、正面の祖母に向かって、
「母、すみませんが、この子達をお願いします」
祖母はゆるやかに立ち上がり、母の傍に歩み寄った。そして、母が抱えていた由紀子の顔を覗き込みながら、
「ぐっすり、寝ているようですね。母が代わりましょう」と由紀子を母から由紀子を起さぬよう静かに授かり、元の椅子へと戻った。
その時、由紀子が少し居心地が悪そうな顔をしてぐずろうとしていると、祖母は由紀子のふっくらとした頬へ優しく頬擦りをした。
由紀子はいつもの母のしぐさのなので母だと勘違いしたらしく、そのまま、すやすやと眠り続けた。
それを見ていた母は、
「わたしも、母と同じように子供たちにいつも頬擦りをしています」
「そうですか、受け継いでいるのですか、できれば、父と似た方を愛することも受け継いでほしかったですね」と祖母は言った。

続く・・・

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
1-4 海の見える家
「清里さんは、このことはご存知ですか?」
祖母は俺のことを見つめながら、話を続けた。
「真理子さんが、一人で決めたことのように母は思えます。それでは、清里さんが怒られてもしかたがありませんよ。この子達を預かるのは、母にとって喜ばしいことですけれど、清里さんにどのようにお話されるのか、母はとても心配です。」
祖母は母に似た大きな瞳を、瞼で静かに閉じた。そして、決意したかのように、瞼を開いて母を見つめた。
「真理子さんも、このまま、この家に、お戻りなさい」
「それは、できません。私は、今でも、公平さんを愛しています。きっと・・・」
母はテーブルに置いてあったハンカチをとり、目頭に当てながらうつむいてしまった。
俺は、子供ながらに父である清里公平と別れて暮らすことになるのだろうと、感じた。

続く・・・

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
1-5 海の見える家
俺は母の手の甲にそっと触れて、目の前の祖母に向かって、母を泣かせるようなことを言うと容赦しないぞとばかりに、睨んだ。
すると祖母は、「この子は、清里さんに似て、気が強そうですね」と言った。
「いいえ、母、この子は優しい子で、私が泣くといつもかばってくれるの」
母は、目に涙を浮かべながら、俺の手を握りしめ、
「たかしちゃん、大丈夫よ、おばあさんはおかあさんのことを心配しているの、おかあさんはそれが嬉しくて泣いただけよ」
俺は祖母を睨みつけるのをやめて、母の頬からつたう涙をそっと右手でぬぐった。
「ありがとう、たかしちゃん、そろそろ、おかあさんはお出かけするわね」と、母は椅子から立ち上がり、祖母に向かって深々とお辞儀をしながら、
「この子達を、お願い致します」と言った。
祖母はなにも言わずに由紀子を抱えたまま椅子から立ち上がり、部屋の入り口へ向かって歩き出した。
母は涙でくしゃくしゃになったハンカチを目尻にそって、まだ溢れてくる涙を拭いて、できる限りの笑顔で、「さあ、たかしちゃん、行きましょう」と、俺に右手をさしだした。

続く・・・

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を


プロフィール

らいやん

Author:らいやん
すけべなオヤジが物書きに挑戦中!


花言葉


写真をクリックしてみて下さい。
提供者のブログへジャンプします。



ブログランキング

2009年2月20日現在
小説 1位
小説・文学 8位
総合 255位
ありがとうございます。

FC2Blog Ranking

お帰りの際はクリックを
お、ね、が、い (∪。∪) チュッ☆



国盗りカウンター



最新記事



最新コメント



カテゴリ



リンク ジャンル別

らいやんが勝手に分別してますので、苦情は一切受け付けません。(笑)

日記

  • ごっつくだらん日記
  • 不思議な不正義
  • べったこ~関東在住の関西人~
  • Love and hope~♪
  • フランス と
  • 徒然なるままに。
  • §*^▽^§/姐の後ろか前かわからない向き日記


  • 写真

  • ちぃさなよろこび
  • セキレイの午後
  • 九ちゃんの山歩絵日記
  • *La lune
  • ほのぼのノリかめ日記
  • いつだってポケットのなかにはカメラがあった


  • ペット

  • そのひぐらし日記
  • 陽だまり 猫だまり
  • 実は昔ヤンキーでした


  • 音楽

  • Zone50 デジタルライフの独り言


  • 文学・小説・詩

  • 不思議な不正義
  • ぷりゅすの休日
  • かげろ~の、のんび~りブログ
  • 綾音のほん。
  • nirvana
  • やおよろず書評
  • Babyrobin62♥♥♥


  • 川柳

  • 徒然なるままに。


  • イラスト

  • 行き当たり日記
  • 阪神守護天使・今日のおちちゃん


  • インテリア

  • セキレイの午後


  • 海外旅行

  • How to 子連れ海外旅行 ミーハーママの気まぐれブログ
  • *coco・Hawaii*
  • sonomama子連れ旅行のブログにようこそ
  • 国際部、今日は海外出張?海外旅行?


  • 阪神

  • 阪神守護天使・今日のおちちゃん


  • お笑い系

  • 国際部、今日は海外出張?海外旅行?
  • 阪神守護天使・今日のおちちゃん
  • ミソジーナのビューティーライフ。豚になるわけにはいかんとです!!
  • ― TONARIGUMI ―


  • 美人になりたくて

  • アトピー×目指すは素肌美人
  • 26な日々 -こころ美人をめざす-


  • とびきりの美人

  • フランス と
  • 桜のしっぽ
  • ごっつくだらん日記


  • 昔はお立ち台でヒューヒュー

  • *coco・Hawaii*


  • とびきりの美人(番外編)

  • How to 子連れ海外旅行 ミーハーママの気まぐれブログ


  • このブログをリンクに追加する
  • リンクフリーです。一言コメントを残していただければ、こちらからもリンク致します。



    休止中のサイト



    リンク切れ

    残念ながら閉鎖されたようです



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブロとも一覧


    ■ ブログ名:COLORS

    ■ ブログ名:* ぐぅ~たら日和 *

    ■ ブログ名:セキレイの午後

    ■ ブログ名:毎日楽しくしようよ

    ■ ブログ名:ごっつくだらん日記





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。