木漏れ陽の中に
のんびり木陰で読書ができればそれだけで幸せです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
さよなら
「おーい、伊東、顧客別請求一覧のプログラムは単体テスト完了したか?」
俺は返事せず、テスト仕様書を持って課長の席へと向かった。
どうせ、また追加プログラムを俺に当てるのだろうと思い、テスト仕様の詳細を説明しながら今週末までかかると課長に報告をした。
「まあ、お前が言うのだから仕方ないな、これ来週でいいからプログラム仕様書を起こしておいてくれ」
やはり追加プログラムを、来週のスケジュールへ俺のタスクとして、ぶち込みやがった。
俺のキャパからすれば、まだまだいけるのだが、今週末はどうしても沖縄に行かなければならなかった。
俺は久美子と、那覇で会う約束をしていた。
久美子は同じ部署にいたが、去年の7月に、俺に何も話さず退職願を提出し会社を辞めてしまった。
そして、実家のある沖縄に帰った。
久美子とはもう半年も会っていない。
去年の夏、二人で行った茅ヶ崎での夜が最後だった。
久美子からバレンタインデーに、どうしても会いたいと電話があった。
俺は仕事が忙しくて休みが取れない事を告げた。
けれども、一度でいいから私の願いを聞いて沖縄に来てと、とても大事な話しがあるからと懇願された。
俺はしかたなしに了承した。

金曜の夜、会社からそのまま、品川駅のコインロッカーへ向かった。
朝、出勤する前に、バックを預けていた。
そのバックを抱え、山手線とモノレールを乗り継ぎ、羽田空港へ向かった。
週末の東京-沖縄間の最終便はいつも空いていた。
機内最後尾のシートがいつもの場所だった。
俺は空港内の売店で買っておいたビールを取り出し、このシートで久美子と二人でダイビングの話しをしたことを思い出しながら、ビールをあおった。

那覇空港について、タクシーの運転手にホテルへ向かうように告げた。
俺はホテルのフロントから既に久美子が部屋で待っていること聞き、部屋へと向かった。
ドアをノックすると、すぐにドアが開き、久美子が抱きついてキスをした。
俺は持っていたバックを部屋の中央へ投げ、久美子を抱きかかえベットまでキスをしたまま倒れこんだ。
久美子のセーターの裾とブラを押し上げ、乳房を揉んだところで、手に湿り気と乳房がとても硬く張っていることに気がついた。
俺は久美子の体が、俺の知っている体ではないことを知り、そのまま体を起こし、ポケットからタバコとライタを取り出しタバコをくわえ火をつけた。

「私、先月、男の子を産んだの」
俺は、何も言わず、ただタバコをふかしていた。
誰の子であるかは、久美子が言わなくてもわかる。
俺の子だ。
「あなたが結婚してくれない事はわかってる、あなたの子供が欲しかった、それが私の幸せだったの」
俺は何も言わずに、部屋を出て、いつも行っていたカフェバーへ向かった。
深夜にホテルの部屋に戻ったときは、久美子の姿はなかった。
俺はバーボンのボトルを一人で空けたため、したたか酔っていた。
そして、次の日の昼過ぎにフロントからの電話があるまでベットで熟睡していた。
久美子の母親からの電話であった。
深夜に久美子が睡眠導入剤を大量に飲み、今朝、冷たくなった久美子を母親が見つけたと。

俺は、横たわる久美子と生まれたばかりの赤ん坊の遺影の前で跪き、涙を堪え、母親からの話しを聞いていた。
「久美子はあなたの事を何一つ私には話しませんでした、子供の父親があなただと知ったのは、私宛の遺書に、あなたの宿泊先のホテルとあなたの名前があったことでわかりました」
久美子の母親は、久美子からあなたへの遺書だと言って、封筒を俺の前に差し出した。

あなたが気にする事は、なにもありません。
私が死ぬ事を決めたのは、あなたと結婚できないからではありません。
私の大切な赤ちゃんが、私の不注意で死んでしまったからです。
死ぬ前に、一度だけあなたに会いたかった。
さよなら、大好きな、あなた、私は天国であなたの赤ちゃんと幸せに暮らします。
さよなら、あなた
さよなら

昨夜は、久美子が残した、最初で最後のチャンスだった。
堪えていた涙が、とめどなく流れて、便箋をぬらし、久美子が、最後に残してくれた文字を、滲ませてしまった。

----あとがき----
スポンサーサイト

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
ふりだし
「もう、やめて!」
智美が悲鳴に近い声で叫んだ。
俺の別れ話は、智美のその声で遮られてしまった。
しかし、俺は二人の関係が既に冷えていると感じている。もちろん、智美もそうであっただろうし、修復できないと、うすうすは感じていたはずだ。
俺は、「さよなら」と一言だけ告げ、智美のマンションを出て行った。

その日の夕方は、2ヵ月ぶりに智美に会い、二人そろってレストランへ出かけ、二人してイタリア料理を黙々と食べて、智美のマンションでも何の会話もなく、テレビドラマを眺めていた。
「もう、わかれよう」と俺から話しを切り出した。
二人の間に、テレビからの軽快なコマーシャルソングが漂っては消えて、タレントの意味のない会話がとてもやかましく感じられた。だが、俺はテレビを消すことにためらった。
なんの音のない静寂が、この場に出来てしまう事を、俺は耐えられなかった。
「誰か好きな人ができたの?」と智美が言った。
「いや、そんなことはない。愛する事に疲れた。お互い愛する事を無理しているようだ。」
その言葉を、智美は遮った。

二日後、智美から会いたいとメールがあり、俺は約束の喫茶店へとむかった。
智美はだいぶ前から、その喫茶店に来ていたようだ。カフェオーレは半分ほど飲みかけて既に冷めてしまっていた。まるで、俺たちの関係に似ているなと俺はふと思った。

「私、あれから考えたの、あなたが言うように、二人とも愛する事に疲れているわ。でもね、私もあなたも、おたがいに、愛して欲しいと言わなかった。いつも、愛してると自分の愛をささやいていたのよ。だから、疲れたの、そう、私、思ったの・・・」
智美の目から涙がこぼれ落ちた。
「そうだな、俺も愛しているかと聞くが、愛して欲しいとは一度も言わなかったな。」
俺は智美のためにと考え、智美も俺のためにと、思い悩んでいた事に気がついた。

「それじゃ、俺を愛してくれるかい! いや、俺を愛して下さい。」
「はい、あなたも、私を愛して」

愛情は与えるだけでは無理があり、愛情をしっかり受け止める事も大切なのだろう。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
8:21
月曜の朝。
プルル、プルル・・・
スーツの内ポケットの中にある僕の携帯電話が振動し、着信を伝える。僕は満員電車の中で身動きがとれず、あと5分たらずで秋葉原の駅に到着するし、電車を降りてから、こちらからかければいいやと思い、そのままにしておいた。
京浜東北線の電車が秋葉原駅について、僕は通勤の人たちの流れに身を任せたまま押し出されるように、ホームへ出た。やっと満員電車から解放されて、スーツのポケットから携帯電話を取り出し、さっきかかってきた着信の確認をする。
それは、アドレス帳に登録されてない番号だった。電話をかけてきた人は、留守番にメッセージを残していた。
ホームからエスカレータで階下に降りながら、留守番のメッセージを聞いてみた。
「恵美です。このままお別れは・・・・、もう一度、会ってください。12時30分にUDXのTULLY’Sで待っています。ほんの少しでいいから、お願いします」
僕は恵美という声の主に覚えはなかった。間違い電話だろう。こちらからかけて間違いであることを知らせても、別れ話みたいで気まずいし、やめておこう。ただ、どんな女性なのか気になったので、好奇心からお昼にTULLY’S行ってみることにした。

オープンカフェの席は先客ですべていっぱいだった。僕は女性のひとり客はいないか見わたし、店内に入った。エスプレッソを注文しながら店内も見わたしたがやっぱり満席だった。空いている席を探そうなんてこの時間じゃ無理だよとぼやきながら、僕は間違い電話の恵美さんを探した。
何人かの女性を見当つけたけど、声だけを頼りにイメージをふくらませてさがすなんて、途方もないことに気がついて、僕は自分自身にあきれ苦笑いをしながら店をあとにした。

いつもと同じ時間、同じ車両、僕は日常を変える事が嫌いな方だ。
今日も上野駅でどっと人の波がおしよせてきた。僕はいつものようにその波に身をまかせていると、昨日と同じように携帯電話の着信だ。
まさか、あの恵美さんからなのではないかと思い、右腕で前の人の背中を押しなんとか携帯を取り出せる空間を作り、携帯電話のディスプレーに表示されている番号を見た。やっぱり、同じ番号だった。
僕は出るべきかとためらっていると、電話が切れて、しばらくして留守番電話のメッセージが保存されているとの表示に切り替わった。
僕は秋葉原駅のホームで留守番のメッセージを聞いた。
「恵美です。昨日と同じ時間にTULLY’Sで待っていますから、お願いします」
僕は、間違いであることを恵美さんに伝えた方がいいのか悩んだ。だって、恵美さんは、僕の携帯電話の番号を彼の携帯電話だと信じているに違いないと思ったからだ。
彼氏彼女の関係で携帯電話の番号を2回も間違えるはずはない。番号は恵美さんの携帯電話のアドレス帳に登録されているはず、その番号は彼から教わったものだろう。
その彼は、でたらめの番号を恵美さんに教えたに違いないし、そのでたらめの番号がよりによって、僕の携帯の番号だなんて、厄介なことがふりかかった。
僕は、そのままにしておくことにした。番号が違うということを恵美さんに伝えるのは、恵美さんには酷なことだろうし、見知らぬ人に、別れ話が出ていることを知られたことも恥ずかしいだろうからと、僕は自分勝手に理由をつけて、そのまま放置することにした。

次の日も上野駅を出た頃に恵美さんからの電話があった。そして、次の日も。五日目の朝になって、恵美さんからの電話は無くなった。
僕は恵美さんが諦めたのだろうと思った。もう恵美さんの声が聞けなくなると思ったら、なぜだか、僕は少し淋しさを感じた。
恵美さんからの着信時間は、毎朝8時21分きっかりだった。
六日目の朝は土曜日。
その朝、目覚めた時、僕は、なんとなく、恵美さんの声が聞きたくなって、僕から電話してみることにした。
僕は、恵美さんがかけた時刻と同じ8時21分丁度になるように、ベッドに腰掛けて、携帯電話の時計を見ながら、その時を待っていた。

「はい、こちらは山崎恵美さんの携帯です。鈴木貴明さんですか?」
電話に出たのは、男性の声だった。
僕は思わず、「はい」と答えてしまった。
その男性は、マンションの管理人だそうで、今朝、恵美さんの同僚の方がこられて、昨日は恵美さんが無断欠勤したので心配になってマンションに訪ねてきたが、シャワーの水の音がするけれど、ドアホンを鳴らしても、何度もノックしても応答が無いから、部屋を開けてほしいと、管理人が部屋を開けて見たら、恵美さんが手首を切って自殺したらしく、今、警察を待っているところだと話してくれた。
その管理人はお節介な性分なんだろう。遺書が残されているとか、傷口が血で固まらないようにシャワーをあてて水を流し続けているとか、同僚の女性がショックを受けて泣き崩れているから、あなたもすぐに来て、彼女を介抱してあげなさいと、いろいろ言ってきたので、僕は怖くなって電話を切ってしまった。
僕が間違いだと教えてあげれば、恵美さんは自殺しなかったかもしれない。僕は、自己嫌悪に陥り、途方にくれたまま週末を過ごした。

月曜の朝、僕は出勤することにためらいを感じたけど、今日休むと、今月の仕事が無駄になってしまうと思い、いつものように同じ時間、同じ車両で、会社に向かった。
上野駅を出た頃、携帯電話の着信があった。そう、恵美さんからの電話だ。
時間も丁度、8時21分だった。
メッセージも残されている。
僕は、恐る恐る、メッセージの再生を行なった。

「恵美です。わたし、殺されたの・・・・」

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
奇妙な関係 前編
私の視界にめちゃかっこいい後姿の男性を発見。
身長は190はゆうに超えてそうだし、あの肩幅に長髪だから絶対イケメンであることは間違いなし、私は期待にドキドキしながら足早にその男性に近づく。
その男性に2,3メートルほどに接近すると、突然、彼は振り向いた。
あーん、ショック、顔はイマイチだわ、でも、いい、声かけてくれないかなと彼の側を通り抜けようとした。
期待したとおり彼は私に声をかけてくれた。だって、スタイルだって顔だってそこら辺の若い子にはまだまだ負けてない。
こう見えても、15の時からお水、風俗、AV嬢をやって数億円稼いできた体と顔だもの。
「おねえさん、俺、ここにいるから遊びにおいでよ」と彼はキャッチをしていたのです。その頃の私は仕事が命、金を稼ぐ事が生き甲斐だったし、ホストクラブで遊ぶなんて考えた事もなかった。
だけど、彼の後姿に惚れてしまったようで、その日は撮影の打合せをすませやることなかったから彼についてホストクラブの初体験をしてしまった。
店で彼は15分ほどついてくれたけど、すぐよその女のところへ行ってしまった。
どうすれば、彼と話が出来るのか聞いてみると、シャンパンを注文すれば私のところに戻ってくれる事を聞くと私はすぐにシャンパンを注文しました。
その日は30万ほどしか現金は持っていなかったからあまり贅沢は出来なかったけど、彼が言うにはキャッチで来てくれたお客さんの中で、こんなに支払った人は自分のお客さんの中では初めてだと言ってくれた。
それから、私は彼の店に毎晩のように通うことになってしまいました。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を
奇妙な関係 中編
監督から現役のホストに知り合いはいないかと聞かれた。今度の男優を現役ホストにしたいそうなの。
わたしは、相手が彼ならいいなと思ったけど、だめだめ、撮影じゃなく、本気になっちゃう、わたしだけじゃなく、他の子の相手もしたら、やきもちでどうにかなっちゃうかも、と考えていたら、隣に座っていたわたしのマネジャーが、
「ナナちゃん、昨日、いっしょに飲みに行ったあの子、ホストでしょう、あの子なら引き受けてくれるわ、絶対に」
あ~、言っちゃった。わたしのプライベートなこと話すんじゃないわよと言っても、このマネジャーべらべらしゃべるんだから。
それからは、監督がマネジャーから彼の源氏名と店の名前を聞き出し、助監督に交渉をしてこいと話が進んでしまった。
わたしは反対したのだけど、心の奥底でそれを望んでいたのかもしれない。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

FC2Blog Rankingどうせ夢見るなら、総合トップを目指せ! そんなアホに愛の手を


プロフィール

らいやん

Author:らいやん
すけべなオヤジが物書きに挑戦中!


花言葉


写真をクリックしてみて下さい。
提供者のブログへジャンプします。



ブログランキング

2009年2月20日現在
小説 1位
小説・文学 8位
総合 255位
ありがとうございます。

FC2Blog Ranking

お帰りの際はクリックを
お、ね、が、い (∪。∪) チュッ☆



国盗りカウンター



最新記事



最新コメント



カテゴリ



リンク ジャンル別

らいやんが勝手に分別してますので、苦情は一切受け付けません。(笑)

日記

  • ごっつくだらん日記
  • 不思議な不正義
  • べったこ~関東在住の関西人~
  • Love and hope~♪
  • フランス と
  • 徒然なるままに。
  • §*^▽^§/姐の後ろか前かわからない向き日記


  • 写真

  • ちぃさなよろこび
  • セキレイの午後
  • 九ちゃんの山歩絵日記
  • *La lune
  • ほのぼのノリかめ日記
  • いつだってポケットのなかにはカメラがあった


  • ペット

  • そのひぐらし日記
  • 陽だまり 猫だまり
  • 実は昔ヤンキーでした


  • 音楽

  • Zone50 デジタルライフの独り言


  • 文学・小説・詩

  • 不思議な不正義
  • ぷりゅすの休日
  • かげろ~の、のんび~りブログ
  • 綾音のほん。
  • nirvana
  • やおよろず書評
  • Babyrobin62♥♥♥


  • 川柳

  • 徒然なるままに。


  • イラスト

  • 行き当たり日記
  • 阪神守護天使・今日のおちちゃん


  • インテリア

  • セキレイの午後


  • 海外旅行

  • How to 子連れ海外旅行 ミーハーママの気まぐれブログ
  • *coco・Hawaii*
  • sonomama子連れ旅行のブログにようこそ
  • 国際部、今日は海外出張?海外旅行?


  • 阪神

  • 阪神守護天使・今日のおちちゃん


  • お笑い系

  • 国際部、今日は海外出張?海外旅行?
  • 阪神守護天使・今日のおちちゃん
  • ミソジーナのビューティーライフ。豚になるわけにはいかんとです!!
  • ― TONARIGUMI ―


  • 美人になりたくて

  • アトピー×目指すは素肌美人
  • 26な日々 -こころ美人をめざす-


  • とびきりの美人

  • フランス と
  • 桜のしっぽ
  • ごっつくだらん日記


  • 昔はお立ち台でヒューヒュー

  • *coco・Hawaii*


  • とびきりの美人(番外編)

  • How to 子連れ海外旅行 ミーハーママの気まぐれブログ


  • このブログをリンクに追加する
  • リンクフリーです。一言コメントを残していただければ、こちらからもリンク致します。



    休止中のサイト



    リンク切れ

    残念ながら閉鎖されたようです



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブロとも一覧


    ■ ブログ名:COLORS

    ■ ブログ名:* ぐぅ~たら日和 *

    ■ ブログ名:セキレイの午後

    ■ ブログ名:毎日楽しくしようよ

    ■ ブログ名:ごっつくだらん日記





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。